2015年抱負

活動日誌(2014年度)
7・8月>>>
9・10月>>>
活動日誌(2013年度)

7月>>>
8月>>>

9月>>>
10月>>>
11月>>>
12月>>>
1月>>>
2・3月>>>


2015 ・・・勇気凛々・・・

3月30日朝のグランドの様子
 頑張って雪割りをした甲斐もありここ数年で特に早いグランド開きです。28日には内野だけではありますがノックを受けることもできました。今年はどんなドラマが待っているのか・・・全道大会目指して頑張りましょう!

☆「3年生激励会」及び「1・2年生部員決起集会」 3月21日(土)NEW
 芦高会館に3年生6名を招待し行いました。
 なお、保護者の方々に焼肉を用意していただき、お腹いっぱい食べる事ができました。
 3年生からは春からの意気込み、そして現キャプテンからは春季、夏季大会に向けての誓いの言葉を堂々と話しました。
 3年生も進路目標実現に向け本当に頑張っていました。今回は10名の卒業生の中から北海道警察、国公立大学、JR北海道などにも合格した者がいます。野球で培った粘りと元気で社会に貢献できるような人間を目指してほしいと思います。
 2年生部員はいよいよ最後のシーズンを迎えます。悔いの残らぬように最大限の努力をしてください。


☆2月の練習風景NEW
 部員を2グループに分け、1つはバッティング班、そしてもう1つはランニング、下半身トレーニング、上半身トレーニングを行います。毎週水曜日は練習場所を芦別市総合体育館に移し1時間完走を行いました。
 バッティングでは普通より長いバット、短いバットを使い、パワーアップと、スイングスピードの向上に努めてきました。
 毎日の練習の最後に行われるミーティングも大事にしてきました。そこで発言することでコミュニケーション力をつけることも重要視してきました。

☆中体連連携推進事業参加
 平成27年1月24日(土)13時から三笠市三笠ドーム内にて中体連連携推進事業が行われ、チームを代表した6人が参加しました。講師は鈴木哲也さん。安定性・可動性・方向性向上、そしてランニング・スローイング・バッティングドリル等を教わりました。今後のトレーニングに生かしていきたいと思います。
空知管内の中高生100人以上が集まり指導を受けました。
野球の基本のためには、特に下半身が大事だということをということを改めて気づかされました。

☆2015年練習開始
本年もどうぞよろしくお願いします!

全員そろって初詣も行い、雪の中でのキャッチング練習、サッカー、Tバッティング、ボクシングトレーニングなどの練習も始めています。昨年叶えることのできなかったスタルヒン球場での校歌斉唱。それを現実のものにするために頑張っていきます。
芦別神社で必勝祈願です。

☆2014年練習納め
本日12月30日の練習をもって年内の練習は終了です。
今年も野球部にとってたくさんの出来事がありました。
夏の延長14回。秋の大敗。
特に夏季の選手権大会は3年生にとって最後の大会でした。
優勝候補の滝川西高校相手に本当にあと一息のところで敗退しました。
全力で戦ったことへの後悔はありませんが、
次こそは勝つために努力していきたいです。
来年も応援よろしくお願いします!
冬期間はこのハウスが私たちの練習場です。Tバッティングは6ヶ所とることができます。
T、ボクシングトレーニング、下半身トレ、上半身トレ、長距離走、ダッシュ、雪中サッカーなどが主なメニューです。

☆ふれあいJunior Baseball Festibal 参加 
 平成26年11月16日小学生の野球チームを相手に野球教室を行いました。
 担当したチームは芦別、赤平、砂川のチーム。
 普段は教えられることばかりですが、今回は小学生相手に積極的にコミュニケーションを取り、プレーに対する基礎的な部分を教えることができました。小学生も楽しく3時間を過ごしお互いにとって有意義なものになりました。

☆ボクシング練習開始 
 本校野球部では冬季に体力作りの一環としてボクシングトレーニングを行っています。
 ミット打ち中心に3分間×3ラウンドを行います。
 これがどんなトレーニングよりも体力的、精神的にもハードです。
 1ラウンドを終えるとほとんどの選手が床に倒れ込むほどです。
 体幹を鍛えたり、様々な面でのスピードアップを重視しています。

☆土の上での練習も残りわずかになってきました。
 11月に入り2週にわたり滝川工業さんにおじゃまし練習試合を行いましたが、いよいよ雪も積もってきてハウス等での練習が多くなってきました。また、週に一度は芦別市総合体育館に出向き1時間走を行っています。いよいよこれからがシーズンオフではなくシーズンインです。
11月12日撮影 
7時間授業の日は放課後グランドに出ると真っ暗です。照明をつけてキャッチボール、ノックなどを行ってます。

☆今季全ての大会を終了しました。
 秋季大会では1回戦は最終回ツーアウトから2点差をはね返す劇的な勝利をしたものの、2回戦では完封負け。とても課題の多く残し幕を閉じました。その反省を生かし、大会終了後は体力作り等基礎的な練習に力を入れています。
最後の公式戦で完封負け。その悔しさから実際の投手が
投げた球を少しでも多く打つように心がけています。
練習の最後には毎日ロードワーク。芦別旭山公園下の道を走って
います。(私たちは猿山ロードと言っています。)

☆ナイター練習!
大会で使用する深川市民球場を使って練習を行いました。
全部員が初めてのナイター。
慣れない照明に戸惑いながらも、深川市民球場の感触を確かめることができました。
いよいよ秋季大会は目前です。
万全の状態で大会に入っていけそうです。

☆秋季大会抽選結果
秋季大会抽選会が終了しました。
その結果私たちは
9月13日(土)14時〜 一回戦 滝川高校との対戦が決定しました。
場所は深川市民球場です。 全力で戦ってきます!

☆芦別健夏山笠祭り参加

7月19日土曜日毎年恒例の山笠に参加しました。
1,2年プラス3年1名、監督1名も締め込み(ふんどし)をして「エイサー!エイサー!」と大声を出しながら町を闊歩しました。
私たちの仕事は山車を押すことが主になります。順位は3チーム中2位でした。祭りの後は緑幸センターにお邪魔しごちそうをたらふくいただきました。

☆新チーム活動開始
夏休みに入りますます元気に1,2年チームは動き出しています。
まずは練習試合の予定です。
対戦校 場所
7 26 上富良野 W 芦別市民球場
7 27 滝川西 W 滝川市営球場
7 31 美唄尚栄 W 芦別市民球場
8 4 留萌千望 芦別高校
8 6 遠軽 W 遠軽高校
8 7 女満別 W 女満別高校
8 10 紋別 芦別高校
8 11 天塩 旭川商業 滝川市営球場
9 6 帯広南商 富良野 富良野高校
なお、大会は9月13日(土)より深川市営球場で行われます。

☆夏季大会終了しました。

平成26年度全国高等学校野球大会北・北海道大会空知支部予選が滝川市営球場で7月2日(火)から5日間の日程で行われました。今大会は芦別高校が当番校ということで、いつもと全く違う大会となりました。不慣れなことが多く、ご心配をおかけしてしまいましたが、滝川高校を初めとする管内のいくつかの高校の力を借り、無事大会を成功することができました。

試合の方は一回戦を勝利しましたが、準決勝で延長戦の末敗れました。
詳しくは別ページをご覧ください。

7月4日(金)一回戦 対 夕張高校戦>>>
7月5日(土)準決勝 対 滝川西高校戦>>>

対 滝川西高校戦 円陣を組んで励ましあいます。そしてフォーメーションの確認です。
佐々木主将(右端)を中心に最後の最後まで笑顔を絶やしませんでした。
対滝川西高校戦 投手岡山(3年)195球を投げ抜きました。
最後の最後に今までで一番のピッチングをしました。

☆夏季大会開幕しました!
7月2日(水)10時から滝川市営球場で開会式が行われました。
私たちは大会3日目第一試合が初戦です。
春季大会はどん底でしたが、最近になりやっと旭川工業に勝つなどして調子が上がってきました。
上の写真は春季大会で深川西高校に敗れ、相手校の校歌を聞いているところです。
何もできぬまま大敗を喫しました。中心選手の怪我もありました。左のエースもその後しばらく調子が上がりませんでした。下の写真はその大会で敗れた後の、生徒によるミーティングの様子です。反省点や夏に向かっての課題点をじっくりと話し合いました。
この時の悔しさをとうとうぶつける時が来ました!調子は新チーム結成後一番です。
結果など気にせず、全力で大会に挑んできます!!


☆夏季大会
 2014年7月2日(水)より滝川市営球場におきまして開催されます。
 私たちは大会3日目第一試合(9時〜)夕張高校と1回戦を戦います。
 3年生にとっては最後の大会です。
 チーム29名が一丸となって全力で勝負してきます。

写真は今月行われました壮行会の様子です。
チーム全員で全校生徒の前に立ち、全力で闘うことを誓いました。

☆今後の練習試合等予定
対戦校 場所
6 7 クラーク国際 芦別市民球場
6 14 遠軽 芦別高校
6 15 9:30 東川 13:00 札幌平岸 芦別高校
6 21 9:00 上富良野 14:00札幌啓北商 芦別市民球場
6 22 滝川工業 旭川工業  芦別市民球場
6 25 14:30 クラーク国際 芦別市民球場
6 28 9:30 富良野  14:30 上富良野 芦別市民球場
7 2 夏季選手権大会 開会式 滝川市営球場

☆春季大会終了(写真:本校野球部1年畑中君)
平成26年5月12日(月)岩見沢市営球場におきまして高校野球春季大会空知支部予選が開会式が行われました。1年生10名、2年生9名、3年生10名合計29名の部員の中から18名が背番号をつけ更新しました。
1回戦は開会式当日の第2試合に行われ、深川西高校と対戦しました。 結果は深川西高校打線の勢いを止められず完敗でした。期待していた打線も湿りがちで、夏に向けまだまだ鍛え直さなければならないと思い知らされる試合でした。


☆除雪ボランティア
平成26年3月12日(金)芦別市内におきまして、除雪ボランティアを行いました。
本校野球部の芦別在住組12名で、1時間半ほど汗を流し窓下等の雪をかきだしました。当日は天候もよく固く氷のような雪を割るには最適でした。
今後も要請があれば、どんどん行っていきたいと思います。

☆シーズンインまであと少し。少しでもボールの感覚を戻そうと、最近は朝の体育館でキャッチボール、ピッチングなどを行っています。
4月初めに道南遠征を1泊2日で実施することが決定しています。あと20日ほどで念願の土の上。投げるボールにも自然と熱が入ります。

☆「雪下ろし」
2月28日(金)学年末考査も昨日終了し、本日は卒業式予行。
午後からの練習では打ち込み、そして部室の雪下ろしを行いました。
少しずつ気温も上がってきて、春も見えてきました。
バットを振るスピードも上がってきます。


☆検定に向けて再度取り組んでいます。(1/30)
2月中旬に行われる検定に向けて、野球部ほとんどの生徒で勉強会を毎日実施しています。
今回取り組む検定は情報処理検定、ワープロ検定、文書デザイン検定、パソコンスピード検定です。
情報ビジネス科の生徒が教師役になり、普通科の生徒に教えています。

「新年を迎えて」     佐々木 優 (2年主将)
明けましておめでとうございます。新年になると、気持ちが引き締まり、今年も頑張ろうという気持ちになります。
去年の大会では、準決勝で敗れてしまい、目標である、全道で勝つことができませんでした。
今年こそは、絶対に目標を達成し、更に上を目指したいと思います。
自分達、二年生にとっては、高校野球ができる最後の年でもあるので、一日一日を大事に、悔いのないような一年にしたいと思っています。

             
☆2013年終了!
12月28日の練習をもって25年の野球部の活動を終了しました。
当日は部員全員で1時間かけ生徒玄関を掃除し、また、学校全部のモップがけをしました。
吹奏楽局も階段を中心に同じく清掃活動を行っていました。
25年も芦高野球部にとってたくさんの出来事がありました。
来季は目標達成に向けて、最大限の努力をしてほしいです。
昨シーズンまではボクシングミット打ちトレーニングを投手中心で行っていましたが、今季はチーム全員で取り組んでいます。1人3分×3ラウンドです。これは体の軸を鍛え一瞬でスピードとパワーを増幅するためのトレーニングです野球ととても共通点が多いということで取り組んでいます。
かなり鋭いパンチが打てるようになってきました!冬季トレーニングの中でダントツにキツイ練習です。こんなに厳しいスポーツがあるのかと思ってしまいます。しかしミットに打ちつけた時の「バーーンッッ!!」という音はとても気持ちがいいので、厳しさの中にも楽しさや爽快感もあります。

写真 佐々木主将2年
佐々木主将からの抱負
「全道で勝つことを目標に頑張ります!」



☆ 芦別小学校床磨きボランティアに参加しました。(12月6日)

昨年に引き続き床磨き清掃に野球部員1・2年全員(19名)で参加しました。
今年は小学校の2階廊下。床に洗剤をまきタワシで徹底的に磨きます。
その後ぞうきんで拭き取り。汚れていた廊下もピカピカになりました!

☆ワープロ検定への取り組み

12月に行われるワープロ検定に普通科の野球部員ほぼ全員が受験します。
昼休み、放課後に情報ビジネス科の生徒を先生にして、
全員合格を目指して取り組んでいます。



☆今季の練習試合終了しました。

11月9日むかわ町で練習試合を2試合行いました。
今季通算64試合消化しました。
当日は星の瞬く朝5時半に芦別を出発しました。
むかわは多少気温が低かったものの、風も全くなく快晴。
11月に入ったというのに絶好の野球日和でした。

大会終了後より力を入れている打撃が調子よく、今までにないくらい連打が出ました。
結果は次の通りです。
○芦   別 7−2 鵡    川
○芦   別 7−1 女 満 別
甲子園出場経験のある2校に勝てたことで、ますますやる気が出てきたようです。
今後グランドは使えない練習になってきますが、
シーズンオフではなく、来春に向けてのシーズンインだと自覚して励んでいきたいと思います!

☆「スピードガン」
1ヶ月前ほどにスピードガンを手に入れました。
これを使い投球、打球のスピードを計測しています。
他校の選手と比較することができ、さらに目標も明確になるので今では欠かせないモノになっています。

☆ジュニアベースボールフェスティバル終了
11月3日(日)妹背牛で行われました。私たちは砂川高校と一緒になり赤平、芦別、砂川の小学生に野球を教えました。
アップ、キャッチボール、各ポジション別練習。子どもたちの元気な姿はとてもかわいかったです。この中から数年後高校球児が生まれるのでしょうね。

☆中学生向け野球部案内パンフレット完成
  ・ユニフォーム紹介
  ・H25年度試合結果
  ・体験入学案内
  ・市からの補助制度
  ・練習内容
  ・ボランティア活動
  ・主将からの抱負
    たくさんの写真を付けて掲載しています。ぜひご覧ください。
       

☆秋季大会準決勝結果
9月22日(日)10:30より準決勝が行われました。
岩見沢東 0 1 0 0 0 0 0 0 3 4
芦   別 2 0 0 0 0 0 0 1 0 3
 投手 岡山 − 捕手 中村

勝てば決勝進出という大事な試合でしたが、
岩見沢東の前に最後の最後に力尽きました。
岩東は11安打(3塁打1本、2塁打2本)
芦別は8安打(すべてシングルヒット)
今大会を通じて目立ったエラーはありませんでしたが、
まだまだ打力がないことが浮き彫りとなりました。
初戦は5安打、二回戦は8安打。
この冬はもっともっと鍛えて、まだまだ打力を付けて来季は勝ち上がりたいです。
この試合はどう見ても相手が上だということはわかっていました。
しかし一発勝負の高校野球。何があるかわかりません。
少ない得点を必死に守り抜く事を決意し臨みました。
試合前の表情。3試合目ということで初戦のような緊張でガチガチの感じではありません。 午前10時半快晴の中プレーボール
この日も先発は岡山です 初回岩見沢東の攻撃1死1塁。投手岡山がけん制でうまく誘い出し1-3-6タッチアウト。何度も練習したプレーでした。
初回3番中村がセンター前ヒット 続く4番橋本もセンター前ヒットで先制点
5番古市が三遊間を破るヒットで2点目 続く6番桜井がライト前ヒットで執念の4連打
初回2点を先制し、さい先の良いスタート ファーストにグラブを届けます
2回、連続ヒットでピンチ。すかさず伝令で副主将がマウンドへ走りました。 押し出しで1点献上。捕手中村が落ち着かせに行きます。
バットボーイも機敏に動きました。 5回、1死ランナーなし。打球は左中間の一番深い所へ。バッターは一気にホームを狙います。8−6−2とつないで間一髪タッチアウト!守り抜きました。
懸命に帰塁する2番西 ヘルメットなどを運びます
2対1でリードの8回裏。どうしても追加点がほしい場面で先頭の古市がセンター前ヒットで出塁。 8回裏2死2・3塁。9番で主将の佐々木が三塁線を破るヒットでとうとう追加点。
2点リードで迎えた最終回。先頭の打者をエラーで出塁させてしまうと、1死2塁から3連打。逆転を許します。 決勝進出ならず・・・本当に悔しい負けでした。
この悔しさを忘れることなく、次のステップに生かします。




秋季新人戦結果
9月19日(木)14:00より2回戦が行われました。
岩見沢西 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3
芦   別 0 0 0 0 3 0 0 0 0 4
投手 岡山 − 捕手 中村

この日は序盤に3点を失う厳しいスタートでした。
3回の2点はデッドボール、四球による押し出しで一時はどうなるかと思いました。
しかし5回の裏連打が出て追いつくと、6回以降は岡山投手も立ち直りました。
ピンチもありましたが、堅い守りで切り抜くことができました。
9回裏二死2・3塁のチャンスを迎えましたがファーストゴロで延長戦へ。
延長10回裏先頭の中村がヒットで出塁。つづく橋本が送りバント。
最後は5番古市がセンター前に運びサヨナラ勝ちしました。

2回戦岩見沢西高校戦の様子  撮影は本校野球部1年千葉君です
サヨナラヒットを放った古市(背番号7)に駆け寄るナイン
この日も岡山が先発完投しました 捕手が見失ったボールを3塁手石田がカバー
執念の送りバント タイムリーヒット
延長10回の裏笑顔でサヨナラのホームイン 今大会2回目の校歌斉唱
3点差をはね返す逆転勝ちでした 粘り強さも少しずつついてきました

9月17日(火)13:30より栗山町営球場で行われました。

栗   山 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
芦   別 0 0 0 1 0 0 1 1 X 3
投手 岡山 − 捕手 中村
・4回に5番古市のセンター前ヒットで先制。6回に追いつかれるも、
 7回に古市のスクイズで3塁から中村がホームに突入し2点目。
 どうしても追加点がほしい場面で石田が遊撃手のグラブをはじく
 センター前ヒットで3点目。公式戦にスタメンで出場するのが9名中
 8名。若いチームらしく立ち上がりはエラーなども出て不安であったが、
 徐々に先発した岡山も制球がよくなり、終わってみれば1失点。
 中盤、2死2塁でセンター前ヒットを打たれたが、センター西が思い切って
 チャージしキャッチャー中村へワンバウンドのストライク送球で走者を
 刺した。反省点も数多く残ったが、次の試合もミスを恐れず、全員野球で
 勝ちに行きたいところです。
 2回戦は9月19日(木)14時から行われます。


 ☆1回戦栗山高校戦の様子  撮影は本校野球部1年千葉君です
公式戦初先発初完投 岡山投手(2年)
切り込み隊長石田(2年) 初回ヘルメットのひさし部分にデッドボールの西(2年)
1年生ながら落ち着いた守備のセカンド桜井 3番打者中村 このヒットをつなぎ先制点へ
4回先制の古市(1年)のセンター前ヒット 6回いよいよピンチが・・・ 伝令の大橋を送る
8回バントシフトの中貴重な犠牲打 松田(2年) 新チーム公式戦初勝利

 

9月10日 練習最後の走塁練習

☆抽選結果
 第66回秋季北海道高等学校野球大会空知支部予選の抽選会が栗山町で行われました。
 本校主将佐々木優がチームを代表し出席しました。
 一回戦 9月16日(月)13:30〜 芦別 対 栗山
 全力で闘ってきます!

                                                  本校横断幕
☆第2回、第3回の合宿の様子
8月10日(土)の夕食は焼き肉です 父母会の皆さんのご協力により
たくさんのお肉をいただきました
肉におにぎり 箸がすすみます 朝食はご飯、味噌汁、納豆、卵、海苔
炊事当番が用意します
メロンの差し入れもありました この夏休みに体重は大幅にアップ
一ヶ月で4キロアップした部員もいました
朝6時から朝食の用意です 最終日の昼食 
焼きそばを美味しく食べている最中に足がつってしまう部員

☆キャンドルアートボランティア参加
 8月3日芦別の夏の大イベント「キャンドルアート」の点火のお手伝いに全部員で参加しました。
当日は快晴、そして最後ということもあり7千人の方が来られたそうです。私たちはチャッカマンや
松明などを手に丘一面のキャンドルに火を付けました。ボランティアの方が私たちの他にもたくさ
んいて30分ほどで仕事を完了しました。お客さんから「きれい」「感動する」という言葉をいただきま
した。また、いつかこの行事も復活することを願っています。

☆合宿スタート
 この夏休みにはミニ合宿を数回計画しています。
 その第一回目が7月27日(土)〜28日(日)芦高会館で行われました。
 27日の夜はミーティングを行い、夜は10時半に全員一緒に大広間で寝ました。
 28日は起床後ランニング、ロングTを行い、炊事班が朝食を用意しました。
 昼食と夕食はたくさんの保護者の方が、カレーライス、カレーうどんを作ってくれて美味しくいただきました。
朝食はご飯と具だくさん味噌汁、納豆に卵、海苔 超大盛りカレーです
たくさん食べてパワーアップです お母さん方の愛情たっぷりカレーです

☆新体制スタート!
 7月24日より主将が決まり、さっそく新しい体制で野球部が動き出しています。
 主  将 佐々木優
 副主将 岡山絢平 
 副主将 大橋祐太郎
 1年責任者 菅沼圭人
 なお、抱負は活動日誌の中で掲載してます。

☆練習試合予定
 7月27日(土) 砂川高校
 8月 1日(木) 滝川西校
 8月 3日(土) 砂川高校
 8月 8日(木) 釧路商業 富良野高
 8月10日(土) 旭川商業
 8月12日(月) 天塩 9:00〜芦別市民球場
 8月14日(水) 栗山高校 栗山町営球場
 8月16日(金) 北照高校 10:00〜 北照高校グランド
 8月24日(土) 美唄尚栄高 10:00〜 13:00〜 芦別高校グランド
 8月25日(日) 滝川工業 10:00〜 13:00〜 滝川工業グランド
 9月14日(土) 滝川西
 なお、秋季大会は9月16日より栗山町営球場で行われます。

☆新チーム活動開始!
 滝西との敗戦から2日後早くも1年生9名、2年生11名、マネージャー1名合計21名は秋季大会に向け動き出しました。まずは全員で身体測定。身長、体重、胸囲を測定し記録。BMIを調べたところ、全国平均よりかなり小さいことが判明。一般の高校生より体が小さい。夏休みが終わるまでに全員が体重3キロアップを目標にしました。ミーティングではチームの約束事と目標を確認。約2時間をかけ話し合いました。

 秋季大会まで2ヶ月ちょっとしかありません。夏の中心メンバーのほとんどが抜けてしまいました。完投できる投手もまだいません。やることはたくさんあります。しかしまずは心を鍛えていきます。
2年岡山君が司会進行を担当。内容は当たり前のことの確認です。
 「粘り強くなる」 「嫌なことでも率先してやる」 「コミュニケーション力をつける」 「私情を部活に持ち込まない」
 「道具を大事にする」 「声かけする」 「Yシャツを出さない・・・出したていたら全員で校舎外周5周」
 「物事を否定ではなく肯定から入る」 「10分前行動完了」 「ハキハキと話す」などたくさんありました。

☆選手権大会北北海道大会空知支部予選終了!

  
結果は次の通りです。
   6月29日(土)準決勝 芦 別 1 対 5 滝川西
   6月27日(木)一回戦 芦 別 7 対 5 岩見沢緑陵  

   3年生最後の夏が終わりました。滝川西高校戦では全校応援の中での試合でした。
   勝って全校生徒で校歌を歌う夢は実現できませんでした。しかし全力で強豪校に挑むことができました。
   この悔しさを胸に1,2年生は頑張っていきましょう!

全校応援を背に頑張ります!目標は全校一体となった校歌斉唱。
試合前の気合注入 相手は昨夏と同じ滝川西高
先発はエースの佐々木駿太投手 初回からピンチを迎えます
相手投手は切れのあるボールを投げ込みます 大声で盛り上げます
積極的に振っていこう! 再三のピンチを切り抜けます
なかなか1点が取れません 8回途中から大水投手が登板
佐藤1塁コーチャー 大声を出して頑張りました 終了後の挨拶 たくさんの応援ありがとうございました
なお、撮影は全て里君です。(本校野球部員1年)

☆一回戦勝利しました!
 選手権大会空知支部予選一回戦が6月27日(木)に岩見沢市営球場で行われました。
 結果は岩見沢緑陵高校に7対5で勝ちました。
 戦前の予想では緑陵に分があると言われていましたが、
 見事に14安打を放ち勝利しました。
 29日に行われる準決勝の相手は名門滝川西高校です。
 全校応援の力を味方につけ、悔いの残らぬよう精一杯戦ってきます。
 応援よろしくお願いします!
 
 6月29日(土)10:30〜 準決勝 芦別高校 対 滝川西高校
 なお、滝川西高校とは四季連続の対決になります。現在のところ1勝3敗です。

開会式で堂々と行進する芦別高校野球部員

☆激励会
6月22日(土)午後4時からスターライトホテル横焼肉ガーデンにおきまして、父母の会主催の
激励会が行われました。たくさんの焼肉を食べ、元気いっぱい。父母の方から激励のお言葉を
いただき、3年生を中心に誓いの言葉を述べました。 
肉、野菜、スープ、カレー・・・たくさん食べました。
         大会では全力プレーで頑張ります!


写真:佐々木駿太投手 春季大会ではエースナンバーを背負い、3試合に先発しました。

☆春季大会終了しました
試合結果 会場:滝川市営球場

一回戦 平成25年5月14日(火)
○芦別 13 対 0 滝川  芦別(投手)佐々木駿太 高島 −(捕手)中村
 2人の投手が無四球無安打に抑えました。

二回戦 平成25年5月17日(金)
○芦別 8 対 0 岩見沢西 芦別(投手)佐々木駿太 大須田 −(捕手)中村
 この日も投手の佐々木が安定したピッチング。無四球でした。
 攻撃の方も足を絡めながら、効率のよく得点を重ねました。

準決勝 平成25年5月18日(土)
●芦別 1 対 4 滝川西 芦別(投手)佐々木駿太 −(捕手)中村
 この日は久しぶりの晴天の中、試合が行われました。
 勝てば決勝進出ということで気合も存分に入りました。
 しかしゲームでは相手投手のコーナーを突くピッチングに、ヒットがなかなか出ず、
 1点に抑え込まれてしまいました。
 負けはしましたが、投手陣は3試合を通じてまずまずのピッチングでした。
 夏の大会までは約1ヶ月。もっと打てるようにさらに練習を積み重ねていきます。

試合前、気合を入れる円陣です
サインは一つ。積極的に打つのみ! 準決勝は名門滝川西。これで3季連続の対決です。
最後まで大声で応援しました。 公式戦初登板。大須田投手。
声高らかに校歌を歌いました。 2回戦開始前の守備練習。
一回戦では思い切りの良い打撃で得点しました。 公式戦初登板の高島投手。スピードアップしました。
☆春季大会一回戦結果
 平成25年5月14日(火)試合開始9:00 試合終了10:10 滝川市営球場
滝    川
芦    別 × 13
5回コールドゲームで勝利しました。
芦別高校 投手 佐々木駿太 高島(5回) − 捕手 中村
2人の投手で5回を投げ無四球完封でした。
打線は初回先頭の石川がヒットで出塁。
その後、盗塁と犠牲バントで3進。次打者の6ゴロの間に猛然とホームに突入。
かろうじてタッチをかわし先制のホームイン。
その後、その得点により一気に勢いがつきヒットが続き大量得点できました。
今後の日程は5月16日(木)9時より2回戦が行われます。
対戦校は岩見沢西高校です。
ベストを尽くして闘ってきます。

開会式の様子 5/13 滝川市営球場

☆春季大会間近です。全力を尽くして闘ってきます!

対 札幌稲雲 投手:高島         場所:芦別市民球場 5/4撮影      

☆GW中の練習試合、無事終了しました。
  期間中の芦別は小雨が降り続き、グランドが水を含み最悪のコンディションでしたが、
  芦別市民球場は水はけもよく、なんとか日程を消化できました。
  5月4日は2試合の予定でしたが、雨で芦高グランドが使用不可能になったため、
  急きょ7チームが芦別市民球場に集合し試合を行いました。
  私たちは第4試合。開始が16時。終了が17時40分でした。
  薄暗くなっていく中、試合をしていただいた札幌稲雲高校の皆さんありがとうございました!
  この期間中の試合で勉強したことを公式戦で発揮できるよう、
  頑張っていきたいと思います。
  芦別まで足を運んでいただいたたくさんのチームの方々、本当にありがとうございました。
  来年もぜひ芦別まで足を運んでください。 
☆春季大会抽選結果
 5月2日滝川高校におきまして、春季大会抽選会が行われました。
 本校主将佐々木君がクジを引きました。
 その結果は
   一回戦 5月14日(火)9:00〜 場所:滝川市営球場
       
芦別高校 対 滝川高校 
   全力で闘ってきます!

☆新入部員9名入部です!
  新年度も新入部員を加え34名で元気に活動しています。
  新一年生の出身中学校内訳は
   芦   別中学校   2名
   芦別啓成中学校   2名
   赤平中央中学校   5名
 チーム一丸になり春季大会空知支部優勝目指して頑張ります!

☆芦別市民球場除雪ボランティアを行いました。
 4月13日(土)10時から12時までチーム全員で市民球場に移動し、
 スコップ片手にフェンス際の雪をはねました。
 この春の芦別は、昨年より大きく雪解けが遅れています。
 芦別市民球場で練習試合を行えるのは4月28日になりそうです。
フェンス際から1メートルの雪を取り除きます。そこに風が吹き込み、早く雪が解けます。

☆道南遠征終了しました。
  3月29日から4月3日まで5泊6日で2年ぶりの道南遠征を実施しました。
  行  程
   3月29日午後 練習試合 対 室蘭栄  室蘭栄高校グランド
   3月30日全日 練習             知内町しおさい球場
   3月31日午前 練習試合 対 知 内   知内高校グランド
   3月31日午後 練習試合 対 知 内   知内高校グランド 
   4月 1日午前 練習試合 対  函館商業 函館商業グランド
   4月 1日午後 練習試合 対 市立函館 市立函館高校グランド 
   4月 2日午前 練習試合 対 函館柏陵 函館柏陵高校グランド
   4月 3日午前 練習試合 対 石狩翔陽 室蘭東翔高校グランド
上写真は壮瞥町立香ふれあいセンター。廃校の校舎を利用した施設です。周囲にはコンビにはもちろん自動販売機もありません。街灯すらもなく、夜は真っ暗でした。しかし、その分チーム全員でこの大広間で交流できました。30畳ほどの部屋にチーム全員で寝泊り。監督も一緒です。食事は洞爺湖温泉にある食堂にカレーライスを運んでもらいました。朝はこれも洞爺湖温泉のセブンイレブンに弁当をお願いしました。朝は5時50分起床。眠い目をこすりながらまずは体育館で体操。そして班に分かれ館内掃除。その後朝食。その後、荷物をまとめ移動開始です。
知内町での3泊は青少年交流センターを利用しました。そこは知内高校野球部の寮にもなっています。そこでまずびっくりしたのが食事の量の多さと豪華さ。普段はあまり食べれない部員にとっては苦痛だったかもしれない。しかし2日目、3日目になるに連れてだいぶ慣れてきました。最終日にはベルトの穴が一つ二つふくらんだ選手が何人もいました。裏を返せば普段、食事に手を抜いているともいえます。3食ともしっかりと食べてこそスポーツ選手です。今回の知内の合宿を機に意識改革をと思っています。また、知内の寮には親元を離れ本気で高校野球に打ち込んでいる生徒が多数います。それに比べればまだまだ芦高はクラブ活動かもしれません。よそのチームを知ることで本当に刺激になりました。
練習試合結果は4勝3敗。思ったよりヒットも出て、慣れない土の上でもなんとか守りきる事ができました。(現段階では・・・)しかし今後はどのチームも投手力が上がり、守備も鍛えられます。私たちもますます努力していかなければなりません。
今回の一番の収穫は、全員で小さな部屋で寝食を共にしたことだと思います。いつもよりミーティングに時間をかけ、全員に話す機会を何度も作りました。普段は話すことができないようなことも飛び出し、充実した時間を過ごしました。
やはりうちに閉じこもってばかりではだめですね。どんどん外に出て、たくさんの経験をしていきたいです。

2012 ・・・勇気凛々・・・
☆加藤宗之さん来校
 2月11日元大昭和製紙、JR北海道の社会人野球チームでエースだった加藤さんが来校され
 臨時コーチをしてくださいました。
 当日は本校体育館内でピッチングを中心にコーチをしてくれました。
 下半身の使い方がとても重要ということを再認識させられました。
 その後は質問コーナーを設け、ピッチングの仕方、心構え等を丁寧に教えていただきました。
 ありがとうございました。
加藤宗之さん☆
グランドで練習ができるようになるまで残り2ヶ月。
  ランニング、Tバッティング、ボクシングトレ・・・
  充実したオフシーズンを送っています。

佐々木主将
野球部主将 佐々木慧(2年普通科)
 今年は念願の全道大会出場を目指して、今までお世話になった方々に恩返しができると嬉しいです。そして、この北海道に芦別旋風を巻き起こせるように頑張ります。
(2013年2月7日
この冬もボクシングトレーニングやってます。
特にバッテリーを中心に3分×3セットのミット打ちをします。
トレーニングメニューの中でもこのミット打ちは特に厳しいメニューです。3分打ち込み終わるとその瞬間に倒れこむほどです。
バッティング練習はハウス内で行います。外はとても寒いのですが、打ち続けているうちに汗が出てきます。 本来であれば500スイングほどしたいのですが、帰りのJRの時間もあり、毎日360本振ります。ほとんど休憩時間もなく練習は続きます。

☆芦別小学校清掃ボランティア
 12月21日(金)16時から芦別小学校1階の廊下を中心に、ワックスをはがす作業を部員全員で行いました。
 雑巾、棒雑巾、たわしなどを手に取り、洗剤をたっぷりとかけながら丁寧に磨きました。
 芦別小学校の教頭先生からも感謝の言葉をかけていただきました。

☆田尻賢誉さん講演会


 11月24日(土)本校体育館におきまして、ジャーナリストの田尻さんをお呼びし講演会を行いました。
 当日は私たち野球部のほかに多くの方が来校されました。総人数216名までなりました。
 質問等もたくさん出て、体育館は熱気に包まれました。
 「準備・確認」をしっかりと!何度も話されていました。今回の事をしっかりと胸に刻み今後のチーム作りに
 いかしていこうと思います。


遠軽遠征
10月20日(土)遠軽高校グランドで遠軽高校とダブルヘッダーを行いました。
当日は雨こそ降りませんでしたが、
強風の中での試合となりました。結果は次のとおりです。

第1試合 ●芦別 6 対 7X  遠軽
初回4点を奪い、7回まで芦別ペースで試合を続けました。
しかし、さすが強打の遠軽。
8回に追いつかれ、9回には安打とエラーでサヨナラにされてしまいました。

第2試合 ○芦別 1 対 0   遠軽
先発した佐々木が低目を丁寧に突き完投勝ちしました。
高島と石田の長打が光りました。

思い切って振る遠軽の打球には、いつも驚かされます。
この冬、私たちも力をつけて、遠軽に少しでも追いつけるように頑張っていきたいです。


2012秋季大会結果
☆9月14日(金)11:30から砂川市営球場において1回戦が行われました。 
芦   別 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
滝 川 西 1 0 0 0 0 1 0 0 × 2
投手 大水 − 捕手 中村

善戦しましたが結局、今大会優勝した滝川西高校の前に敗れました。
しかし、少ないチャンスを物にしようと積極的に攻撃したことは来季につながると思います。
投手も粘り強く投げ抜きました。
来春までの大会は長いですが、地道にこつこつと頑張っていこうと思います!
投手陣は外野奥でタイヤ引き
6時頃には日が暮れます 照明をつけての打撃練習
9月1日
対戦相手は夏と同じく名門滝川西高校となりました。
夏は芦別が勝ったとはいえ、今大会も優勝候補の一つである実力校です。
ひたむきに一生懸命闘ってきます。

最近は日暮れも早く、照明をつけての練習が多くなりました。
時間を無駄にせず、有効に使いながら練習しています。
日が暮れると投手陣は走りこみ、タイヤ引き。
野手陣は守備の基礎練習、そして素振りに時間をかけています。


☆札幌・苫小牧遠征終了
 8月8日〜9日に遠征を行いました。
 8日は札幌の北星大学附属高校と2試合行いました。
 その後、苫小牧に移動しサイクリングターミナルに宿泊。
 夜は全員で焼き肉を食べました。
 9日は名門駒大苫小牧と一試合のみ行いました。
 どちらのチームも元気が良く、挨拶などもしっかりしていて、たいへん勉強になりました。
 私たちの今後の活動のための財産になる遠征となりました。
 相手をしていただいた北星大学附属高校のみなさん、駒大苫小牧高校の皆さん、
 宿泊させていただいた苫小牧サイクリングターミナルの皆さんありがとうございました!

☆新チームになり14の練習試合を消化しました。
 スタート時は守備の乱れ、力のないバッティングなどが目立ち思うように結果が出ませんでしたが、
 最近になり失敗の反省を生かせるようになってきました。
 つなぐバッティング。
 投手の制球力。
 そして元気。
 失敗を糧にして目前に迫った秋季大会を頑張りたいと思います。
 
☆夏休みに入ってからの練習の様子と、上富良野高校との試合の様子をアップしました。
 
こちらをクリック

投手 大須田 - 捕手 岡田良太 場所:芦別市民球場

☆野球部の新しい体制が決まりました。
  主将   佐々木 慧(芦別中)
  副主将  花輪 泰洋(赤平中央中)
  副主将  高島 恵介(赤平中)

写真 7月30日(月)本校グランドでの練習より


☆選手権大会終了
  6月26日(火)より岩見沢市営球場で17チームが参加し選手権大会空知支部予選が行われました。
  開会式では本校主将の白田朋也君が立派に選手宣誓を行いました。


平成24年6月28日(木) 1回戦
芦   別 0 0 0 1 0 1 0 1 2 5
滝 川 西 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
投手 大水 - 捕手 白田   ・3塁打 白田2 ・2塁打 佐藤優毅 山田

平成24年6月30日(土) 準決勝
芦   別 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2
美唄尚工 0 0 4 0 0 0 2 0 × 6
投手 松川・佐々木・大水 - 捕手 白田   ・2塁打 白田 清水目

初戦の滝川西戦では2年生投手の大水が失点1で完投。安打は11本。
逆転勝利をおさめることができました。滝川西高校に公式戦で勝つことが
できたのは19年ぶりでした。本校野球部にとっては、歴史的な勝利でした。

準決勝の美唄尚栄・工業戦では、相手のしぶとい守りに攻撃を阻まれ、
2点を取るのがやっとでした。
目標であった北北海道大会出場にはなりませんでしたが、全力を出し切り、
のびのびと戦う事ができました。3年生15名はこれで引退となりますが、
この2年と数ヶ月の頑張りには頭が下がる思いです。
この3年生の流れを引き継ぎ、1、2年生は目標達成に向け邁進してください!

☆大友藤巳さん来校
 先月末、芦別市民球場での練習中に素晴らしいお客様が来られました。
 本校の卒業生であり、昭和40年代に芦別工業高校野球部を2度も甲子園に導かれた
  名監督
大友藤巳」さんです。
  野球部全員に励ましの言葉を話してくださいました。
  「小さな田舎の野球部でも、みんなの力を一つにすれば不可能なことはない」

 とても勇気の出る言葉でした。
 投手全員にピッチングボール、そしてこのボールをいただきました。
  大友監督、ありがとうございました!
  この言葉を胸に、この夏、精一杯のプレーをします。

 
 

2013.7.3更新 |部活動トップ|ホーム|サイトマップ|

北海道芦別高等学校ホームページ
Copyright©Hokkaido Ashibetsu Senior High School. All rights reserved.